• TOP
  • コラム一覧
  • 車検が通らなくなる!?ロービーム検査が2024年8月から開始

車検が通らなくなる!?ロービーム検査が2024年8月から開始

車検が通らなくなる!?ロービーム検査が2024年8月から開始アイキャッチ画像

車の車検のときには、車全体はもちろんヘッドライトも様々な検査がされます。

中でも明るさに関しては、この2024年8月から検査方法の改正が完全施行されます。
(10運輸局のうち、6運輸局では延期、4運輸局「北海道・東北・北陸信越・中国」では実施)

それにより「ちょっと古いクルマ」には大変な問題になってくる可能性が出てきました。

今回は、検査方法の改正内容について解説します。

ロービーム検査とは!?

クルマのヘッドライトは、遠くを照らす通称「ハイビーム」と、近くを照らす「ロービーム」で構成されています。

法令では通常時はハイビームで走行し、前にクルマがいたり対向車がいるときのみロービームに切り替え、それ以外の時はハイビームで走行するように定められています。

運転中はヘッドライトのレバースイッチを中立位置にしておくとロービーム、レバースイッチを奥側に倒すとハイビームに切り替えられるようになっています

また、最近の車には廃ビームとロービームを自動で切り替える車も出てきています。

実は走行時の基本はハイビーム

実は車の走行時の基本はハイビームなんです。

そのため車検でのヘッドライトの明るさ検査はハイビームの状態で行っていました。

ただし、この法令は自動車の台数が少ない時代に定められたもので、現在の日本では自動車台数が増え、ロービームで走行する時間の方が圧倒的に長くなっています。

現状に合わせて法令が改正

現状を踏まえ20159月1日から「平成10年(1998年)9月1日以降に生産された車は、検査を原則としてロービームで行う」ことに改正されました。

ただ、

試験する機械の都合や一部の測定困難な車両では、ハイビームで試験をしてもかまわないとの経過措置が付け加えられていたのです。

2015年の法改正から約9年間が経過し、検査方法改正の周知や機械の準備が整ったということで、2024年8月1日以降はロービームによる検査を開始することになりました。

(10運輸局のうち4運輸局「北海道・東北・北陸信越・中国」で実施となり、6運輸局では延期)

8月以降に車検を控えている車は注意!

8月以降に車検を控えているちょっと古いクルマがある方は、早いうちに自動車整備工場に相談し、対策を考えておいたほうがいいでしょう。

8月に入ると同じような方の相談が増え部品などが品薄になる可能性もあります。

 

 

 

 

 

このコラムをシェアする

ドライバーの派遣についてのご質問・ご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。


03-5619-4633
営業時間:平日10:00〜18:00
© 2020 EXPRESS AGENT Inc.