物流業界の現状課題

ドライバー不足

2015年の国土交通省の予測データによると、ドライバー人口は2023年には現在より、22%も減少し、175万人を下ると言われております。
また、50歳以上の割合も63%の見込みとなり、さらなるドライバー不足により深刻化が懸念されております。
同様に全国トラック協会の調査資料でも2015年においても、就業者年齢の上昇がみられます。
原因はさまざま考えられますが、
・免許制度の改正による若年層受け入れの難易度増加
・賃金の低さや労働環境による希望労働人口の減少
・ネットの普及に伴ったサービス対応による負担の増加
・ドライバー業務のサービス範囲拡大による負担の増加
このように物流業界では人材不足の深刻さが常態化しています。

  • 資料1
  • 資料2
資料3

人手不足によって引き起こされる諸問題

企業の人手不足により、様々な問題となるケースが想定されますが、業務が遂行できていてもどこかに問題があるようであれば、派遣社員の利用をおすすめします。

資料3

派遣会社はどこも同じではありません

国内では約8万件ほど人材派遣の事業所が認可されており、海外と比較をしてもたくさんの派遣会社が存在しています。
ただし派遣会社によっては法令遵守の認識がまだ甘く、結果的に派遣先へご迷惑をかけるケースもあります。
以下は近年よくみられる他社派遣会社の対応ケースです。

これらのケースでは、今まで就業していたスタッフが派遣法に抵触していたため突然来れなくなったり、場合によっては派遣先へ行政機関から調査の連絡が入ることもあります。

資料3

物流会社様が道路交通法と運送事業法を遵守した上で配送サービスを行うのと同じく、弊社は労働基準法と派遣法を遵守した上で人を手配することが派遣会社の本来あるべき姿だという認識を持ち、お客様への提案を行っております。
結果として人を出して終わりではなく、派遣や採用広告を利用するにあたってのアドバイスなど、採用面全般におけるアドバイザーとしての一面もサービスの一環として捉えています。